夜中に爪切り

夜中に爪を切ると親の死に目に会えないという曰くがある。まあ、これだけ聞くとなんのこっちゃだろう。一説によると、昔は爪切りがなかったから小刀などで爪を研いでいたそうだ。なので夜中に爪を切ると、手元が狂って下手をすると親より先に死んでしまう恐れがあると言われていたことが元である。そんなことを言われても、爪を切るときというのはお風呂上がりが多いのである。お風呂上がりというのは毎日夜なのだ。夜中と夜の明確な境目はあるのだろうか。なくても別に気にしないけれども。ミュゼ ピース割