弁理士に相談をするだけでもいいのか

商標権やその他、権利を主張できるものを作るには、弁理士のところへ行くのが一般的です。いわゆる特許事務所に足を運ぶということですが、そこで相談すると何でもかんでもその申請手続きをされてしまうのではという不安もあるでしょう。

でもhttp://spring-pat.com/では、その心配はありません。権利を取得することでビジネスで活かせる可能性が低いものや、費用だけがかかって結局無駄になると言うものの場合、きちんとアドバイスをしてくれますので、相談だけということでも大丈夫なのです。

申請したほうが良いのか迷っている段階なら、そのようにアドバイスをしてくれたら嬉しいものですよね?無駄になるのなら申請しないほうが良いのですから。

申請したほうが良いという時には、具体的な話をして決めてもらう方向に行くかと思います。また、申請に必要な書類作成では労力がいるものだとそれなりの費用がかかってきます。特許庁に提出できる書類や図面を作ってもくれますので、もしも少しでもコスト削減をしたい場合でもアドバイスが受けられることもあるのです。ここで申請書類を作ってもらってよかった、アドバイスを頂いてよかったという仕事をしてくれるのです。